top of page

名前に『さ行』が付く人の付き合いに潜む危険

更新日:2023年5月19日

『さしすせそ』が付いている人同士の


付き合いには危険が潜んでます!






危険ってなんだ〜って


言ってる意味が分からない人が多いですよ(汗)






名前学の観点から見ると


『さ行』の方の特徴は




とっても繊細ゆえに


人のことが気になる性質!


よって


受け止め方を間違えたりすると


被害妄想やネガティブに


陥ってしまう傾向が強かったります。


またこのタイプの人は


本人に直接聞かず


勝手に勘ぐったりして


事実と異なった捉え方をする人も多い。




そんな『さ行』の


特徴を持った人たちが付き合うと




お互いがお互いのことを勝手に勘ぐり


事実と異なった捉え方をして


それをさらには本人に確認もせず


被害妄想やネガティブモードに


落ちてしまって最悪の状態に・・・




そんな危険が潜んでいるのが


名前に『さ行』の付いた人たちの


名前の特徴を知らない人たちに


潜んでいる危険です。








と、ここまで物騒なことを


お伝えしてきましたが




でもこの危険


大小は人それぞれですが


結構多いんです。








そして


さらに危険が大きくなるのが




名前に『さ行』と合わせて


『か行』がついてる人です!




『さ行』×『か行』


の危険まで記載すると


かなり長くなってしまうので




ここから先は


できれば


ラジオの方で話してますので


そちらを聴いてもらえたら嬉しいです!




↓ ↓ ↓



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

名前の1文字目が大福の皮で2文字目が苺や餡子

このタイトルだけでは 何を言ってるのか分からないですよね(汗) これは 名前学の基本的なイメージの1つなんです。 名前学をお伝えする時に 色々なイメージを例えてお伝えしてますが その1つのイメージが 大福なんです! 名前学では 名前の1文字目と2文字目以降を 大福で例えることが多いです。 名前の1文字目とは 外(人/他者)に見せている自分 名前の2文字目以降は 内に秘めている自分 とお伝えしていま

Comments


bottom of page