top of page

遅咲き、でも長咲きの性質を読み解く!

昨日、名前学とは別のお話で、新しいビジネスのご提案をいただき、説明を聞かせていただいてました!


結構専門性のある内容なので、理解するために説明をしっかり聞いていたので、説明中に全員の名前をしっかり読み解くことはできなかったんですが、説明を聞き終わり、このご提案を受けるか断るかの判断材料にしようと思って、改めて4名の方の名前を全部読み解いてみました。


すると・・・


驚愕!!!


名前全体のバランスを見たところ・・・



まず、私に話を繋いでくれた方は「あいうえお」の母音が全てあるお名前でした!


次に今回ビジネスを主で展開していくお2人の方は、2人とも「あいうえお」の母音が全てあるお名前でした!


4人いるうち、3人も「あいうえお」の母音が全てあるお名前って、こんな確率ほとんどない!!!



「あいうえお」の母音が全てあるお名前は、大器晩成だけど長期成功を収められる性質を持ってます。

タイトルにも書きましたが、花が咲くのに時間がかかるけど、花が開いたらものすごく長い期間、咲き続けることができるんです!

また、全体がよく見え、正しい判断をすることができるという性質も持っています。


今回、このご提案内容のビジネスを主で展開されるお2人がこの性質をどちらの方もお持ちということは、この事業(ビジネス)が花開く(成功)するのに時間がかかるという意味か、もしくは今まで花開いていなくて、このタイミングで開いた場合、この事業は長咲きするか・・・


ただ、1つ言えることは、このバランスのお2人が中心でやる事業であれば、物事を正しく判断して進めていくので、100%は無いけど、安心して関わって問題なさそうかと!



このお2人が逆に、こんな感じで事業を進めたら間違いなく失敗する、上手くいかない、というのも分かりやすいお2人の性質なので、この観点からご一緒させていただくのは楽しいかと思いました!



ビジネス、事業を、こうゆう観点で判断したり捉えたりするのって、すごく大事だと思います。

近年では、これだけ儲かる、これだけ稼げる、みたいな話が多い中、「凄い話」「夢のある話」に飛びつきやすいですが、ビジネス、事業は人が創り上げ、人が運営しているので、その人がどんな人なのかってとっても重要。


これが分かるって、人生において本当に凄い武器だと思います!




♧♣♧♣♧♣♧♣


公式LINEにブログでは配信していない情報もたくさん配信してますので、まだ登録がお済みでない方は是非公式LINEのご登録をお願いします!


「名前学協会」

https://lin.ee/FpFg6jc


♧♣♧♣♧♣♧♣






最新記事

すべて表示

名前学の活用シーン⑤ ビジネスシーン

《社長(代表者)と会社 パート⑵ 編》 《前提》 F社の代表者の名前は、おのだ ようじ社長(小野田) 小野田社長は、長年人を大切にし、人のために尽くしてきた結果、多くの方から指示、支援され、47歳で起業し、現在57歳。この10年間、小野田社長は常にお客様を大切に、従業員を大切に、家族を大切にし、人のために尽くすサービスを柱として会社経営を行ってきましたが、とあることから、事業性を大きく変え、人のた

名前学の活用シーン④ ビジネスシーン

《社長(代表者)と会社 パート⑴ 編》 《前提》 T社の代表者の名前は、ながい たかあき社長(永井) 35歳で起業し、現在43歳。この8年間、永井社長が楽しいと思えることや興味があること、好きなことをサービスとして取り組み、業績は右肩上がりになっていましたが、上場を視野に入れ、役員一同からの要望で、永井社長に興味があることや楽しめるサービスを中心とした経営ではなく、上場準備のため、関係各所への挨拶

名前学の活用シーン③ ビジネスシーン

《担当者とお客様(クライアント様)編》 《前提》 自社サービスを導入するための提案を、事業部のたかはし あきら(高橋)リーダーが、A社の総務部よしだ めぐみ 様(吉田)に対してプレゼンをすることになりました。 《結果》 事業部の高橋リーダーのプレゼン内容を、A社の吉田様が理解することが出来ず、プレゼンは失敗に終わりました。 《結論》 A社の吉田様は、物事の見方や捉え方が真っ直ぐで、常に型にはめて考

Comments


bottom of page